"/>

遺伝子検査キットのジーンライフ ジェネシス2.0を買って実際に検査しました。口コミ評判が本当かを顔出しですべて見せちゃいます!

遺伝子検査しちゃった件【GeneLifeGENESIS2.0】

ジーンライフ結果

遺伝子検査結果でわかった花粉症のリスク

更新日:

スギ花粉症は数年前に発症したようなのですが、長年花粉症に悩まされることは無かったので自分はならないと決めつけていました。

でも、数年前に発症してからは春先は嫌な季節になってしまいましたよ。

でね、ジーンライフジェネシス2.0の遺伝子検査でもスギ花粉症のリスクを判定してくれてたんです。

では、下の結果を見ていきましょう!

スギ花粉症あなたの判定結果

あなたの遺伝的な発症リスクは高い傾向でした

結果説明

この項目は「高い傾向」「やや高い傾向」「標準」の3段階で判定しています。
スギ花粉症の発症リスクが高い傾向と判定された方は、遺伝的にスギ花粉症になりやすい傾向のある方です。

項目概要

スギ花粉症は、スギ花粉に対する免疫系の過剰反応で引き起こされるアレルギー反応です。鼻水、鼻詰まり、目の充血、かゆみなどの症状が現れます。
4人に1人が発症しているとも言われ、国民病の1つと考えられています。

発症年齢・発症率について

スギ花粉症はどの年代でも発症するアレルギー疾患です。もともとアレルギー体質の方ほど発症しやすい傾向があるようです。
現在では4人に1人がスギ花粉症を発症しているとも言われています。

予防と対策

スギ花粉症は、一定量以上のスギ花粉に接触することで発症すると考えられています。スギ花粉が飛散する時期には、マスクや花粉防御メガネなどを使用して、スギ花粉との接触を極力避けるようにしましょう

スギ花粉症リスクまとめ

スギ花粉症は若いうちからなるわけでなく、ある程度としを取って時でもなりうる遺伝的な要素が高い疾患であることがわかりましたね。発症したからと言っててをこまねく必要はありませんが、発症していなければ特に注意して発症リスクを下げる努力って必要なんだなって思いましたよ。

遺伝子検査って恐るべしって感じです。

私の受けた遺伝子検査↓

>>Amazonでジーンライフを見てみる

.

>>楽天でジーンライフで見てみる

-ジーンライフ結果

Copyright© 遺伝子検査しちゃった件【GeneLifeGENESIS2.0】 , 2019 AllRights Reserved.