遺伝子検査で分かった【ニキビ】のリスク

遺伝的にニキビになりやすいかがわかっちゃう?

ニキビって遺伝的なものなの?

 

とビックリされる方もいると思います。

 

ハッキリ申しますと私もそうでした。

 

ニキビって不潔であるとか思春期のホルモンバランスとか食物とか、そんなものに影響されてるんじゃないかって思っていました。

 

勿論それらのこともリスクをあげる要素の一つなのかもしれませんが

 

【遺伝的な要素】

 

も発症リスクとしてあるようです。

 

でも、結果が当たっているとは言いがたかたので私の結果見ていきましょう!

 

 

あなたの判定結果(ニキビ編)

 

あなたの遺伝的な発症リスクはやや低い傾向でした

 

遺伝子検査で分かった【ニキビ】のリスク

 

判定結果として、ニキビ発症リスクは低い傾向と出ました。

 

でも実際はといいますと、思春期から20前半はニキビに悩まされる時代をおくっています

 

かなりニキビ面だったのでそれが劣等感の一つとなっていたことは間違いありません。
でも遺伝的には低いんですよね。

 

結果説明

 

この項目は「高い傾向」「やや高い傾向」「標準」「やや低い傾向」「低い傾向」の5段階で判定しています。
ニキビの発症リスクが高い傾向と判定された方は、遺伝的にニキビになりやすい傾向のある方です。
ニキビの発症リスクが低い傾向と判定された方は、遺伝的にニキビになりにくい傾向のある方です。

項目概要

 

ニキビは顔や背中にできる肌疾患です。皮脂を栄養源とするアクネ菌が毛穴で異常に増殖し、肌に炎症を起こすことで発症します。
発症年齢・発症率について

 

特に思春期に多い症状ですが、大人になってもニキビの症状に悩む方は多くいらっしゃるようです。

予防と対策

 

ニキビの原因の1つはアクネ菌の異常増殖です。このアクネ菌の異常増殖を防ぐことがニキビの予防に繋がりますので、まずは皮膚を清潔に保つようにしましょう。
アクネ菌は皮脂を栄養源にして増殖します。高脂肪の食事は皮脂の分泌を促進して、ニキビができやすい環境を作ってしまいます。ニキビ予防のためには、高脂肪の食事をさけ、バランスの良い食生活をしましょう。

 

まとめ

 

ニキビ自体も遺伝的な要素を含んでいることは間違いなさそうですが、遺伝的に低い要素であるとしても食生活などには十分注意しアクネ菌を増やさないようにすることが重要なんですね。

 

発症リスクだけでなく普段の生活がやっぱり大事なんだとわかりました。

page top