尿管結石になった俺の遺伝子検査結果は?

尿管結石になった俺の遺伝子検査結果は?

私は、先日2回目の尿管結石になりました。

 

しかも、1度目の尿管結石の症状と今回の症状は違ったんですよね。だから病院で検査するまで尿管結石であるとはわからなかったんです。

 

ちなみに私の尿管結石のことを知りたい方は下の動画を見てください。

 

 

 

で、このブログでは遺伝子検査結果についてやってますので、尿管結石って自分はかかりやす方のかってのを思い出しました。

 

それに、このブログでも公開してませんでしたので、ここで発表したいと思います。

 

 

尿管結石のなりやすさは【標準】遺伝子検査結果

 

 

ジーンライフのジェネシス2.0での検査結果です。

 

腎結石(尿路結石)と載っていますが、尿路結石っていうのは、腎結石も尿管結石も膀胱結石も【尿路】に石があれば、総称して尿路結石といいます。

 

で、尿管結石ってのは、腎臓から膀胱をつないでいる管(尿管)の場所に石があるから、尿管結石といいます。

 

尿管に石があり、動く時が一番痛いんですよね。だから、大概の場合は尿管結石と言われています。

 

この検査結果。。。

 

【標準】

 

って出てるんですよね。

 

詳細を見るをクリックしてみると下のようになります。

 

あなたの遺伝的な発症リスクは標準でした


上記の表が私の遺伝子検査結果の表なんですが、【標準】ってことだけど、見るからに【LOW】寄りなんですよね。

 

以下引用となります。

結果説明(尿管結石の遺伝子検査結果より)

 

この項目は「高い傾向」「やや高い傾向」「標準」「やや低い傾向」の4段階で判定しています。
腎臓結石(尿路結石)の発症リスクが高い傾向と判定された方は、遺伝的に腎臓結石(尿路結石)になりやすい傾向のある方です。
腎臓結石(尿路結石)の発症リスクが低い傾向と判定された方は、遺伝的に腎臓結石(尿路結石)になりにくい傾向のある方です。
項目概要(尿管結石の遺伝子検査結果より)

 

腎結石症は腎臓にシュウ酸などの結晶ができる疾患で、これが尿路に移動して詰まると激しい背中の痛みを引き起こします。その痛みの激しさは七転八倒の苦しみと言われ、三大激痛の1つに数えられることもあります。
発症年齢・発症率について(尿管結石の遺伝子検査結果より)

 

人生のうち、一度でも発症する人は10人に1人の割合と言われています。

 

予防と対策(尿管結石の遺伝子検査結果より)

 

尿路結石を予防法は以下の点が重要です。
@水分の摂取
尿量を増加させることは尿中の結石促進成分の濃度を下げることに繋がります。1日2リットルの水分摂取を心がけましょう。甘い飲料は避け、麦茶やほうじ茶、水で摂取することが望ましいとされています。
A1日3食バランスの良い食事
現在、尿路結石症が増加傾向にある理由として、食生活の欧米化が関係していると言われています。1日3食、主菜、副菜のそろった定食型の食事を心がけましょう。また、食後は尿中への結石形成物質の排泄の多い時間となりますので、遅い夕食は避け、食後4時間を過ぎてから就寝するように心がけましょう。
Bシュウ酸の摂り過ぎに注意
尿路結石の原因物質の一つであるシュウ酸はお茶(特に玉露、抹茶)、コーヒー、紅茶、タケノコ、未熟なバナナ、ほうれん草、チョコレートなどに多く含まれています。これらの食品の過剰摂取に気をつけましょう。同時にカルシウムを摂取することで吸収されるシュウ酸を減らすことができますので、ほうれん草にはちりめんじゃこをかけて食べる、紅茶はミルクティー、チョコレートはミルクチョコレートを食べるといった工夫を取り入れましょう。葉菜類はおひたしにするとシュウ酸を減らせるとの報告があります。
C塩分の取り過ぎに注意
塩分の過剰摂取はカルシウムの排泄を増加させるといわれています。前述のとおり、カルシウムは過剰なシュウ酸の吸収を抑えるために必要ですので、塩分の摂りすぎに注意しましょう。
Dプリン体は控えめに
プリン体は分解される過程で尿酸になるため、尿酸値を上げる原因になります。尿酸値が高くなると尿路結石になりやすくなりますので、1回の食事でプリン体を取り過ぎないよう注意しましょう。プリン体の多い食品として、ビール、レバー類、白子・エビ・イワシ・カツオなどの魚介類、魚卵などが挙げられます。

 

なお、尿路結石は再発率が高い疾患の1つです。上記の予防法を実践し、再発を予防しましょう。

尿管結石の遺伝子検査結果まとめ

 

ジーンライフジェネシス2.0の遺伝子検査での結果についてですが、標準と書いてあるけれども、割合からすると可能性は低いって感じに見えます。

 

でも、実際は尿管結石にかかり、さらに再発も起こしています。

 

尿管結石については遺伝的要素はあるのでしょうが、生活習慣的な部分も大きいように感じています。

 

実際わたし、脂っこいもの大好きですし、制限とか全然しませんからね。

 

【標準】と書かれていたのも、ある程度年齢を重ねてくると、尿管結石のリスクは多くの人にあることなのかなって思います。

 

この結果、あなたはどうみますか?

 

遺伝子検査は万能ではありません。でも、その遺伝子検査の結果をみて、自分の生活自体も見直す必要があるのかもしれませんね。

 

>>楽天でジーンライフで見てみる

 

 

>>amazonでジーンライフを見てみる

page top