俺の遺伝子検査結果、ヤバいの発見!

俺の遺伝子検査結果、ヤバいの発見!

 

 

ジーンライフのジェネシス2.0の遺伝子検査を受けての結果報告。

 

自分の癌リスクについては色々出てくるのですが、そのなかで、この

 

多発性骨髄腫

 

実はあまり意識していませんでした。

 

まあ、可能性は高いんだな程度に思っていて内容を見ていませんでした。

 

で、一度くらいは目を通しておくかって見てみたらびっくりだったんです。

 

あなたの遺伝的ながんリスクは高い傾向でした

 

上記程度の文言にビビる俺じゃなかったんですが、下のグラフを見てびっくりしてしまいました(>_<)

 

あなたの判定結果0%

 

なにコレ?

 

この検査では、 「高い傾向」「やや高い傾向」「標準」「やや低い傾向」「低い傾向」の5段階で判定 されています。だから高い傾向って言ってもある意味、

 

【傾向】

 

ってことだからと思っていたのですが、0%って。

 

しかも【HIGH】のところに存在。

 

縦のグラフ自体は、全体の数を示すわけで、しかもマックスのハイの位置で0%って

 

これ、間違いなくその疾患になっている人のことじゃないの?って思ってしまいました。
多発性骨髄腫になるリスクの信ぴょう性は?

 

遺伝子検査自体、その信ぴょう性が高いものと低いものが存在していて、結果のデーターの最後にそれを公表しています。

 

だから、なりやすい傾向といってもその結果を出したものの信ぴょう性が重要になってくるのも確かなんです。

 

リスクが高いって言っても信ぴょう性が低ければあまりあてにならないってことですからね。

 

で、この多発性骨髄腫の遺伝子学的リスクの信ぴょう性はというと下記になります。
遺伝子多型の頻度情報

 

 

解析遺伝子情報

 

 

上記二つの表を見比べてみて、解析遺伝子情報の表の右側の信ぴょう性のところ。

 

【オール3】

 

になってます。

 

この信ぴょう性は、信ぴょう性が低い順に1→2→3と高くなるにつれ信ぴょう性が増してくることになっています。

 

つまり、オール3っていうのは、その遺伝情報の信ぴょう性自体が高いってことになるわけ。

 

このオール3って人が、全国にもごく少数で、それらの遺伝子を持っている人が多発性骨髄種になりやすいってことになっているらしい。

 

ヤバいじゃん、俺(>_<)

 

多発性骨髄腫の予防と対策

 

多発性骨髄腫になるリスクの軽減について、その予防と対策も載せてくれているのがジーンライフの良いところ!

 

大体の遺伝子検査結果にこの予防と対策が載っています。

 

で、多発性骨髄腫の予防と対策は下のように記されていました。

 

予防と対策
多発性骨髄腫の発生原因は明らかにされておらず、残念ながらその明確な予防法も確立されていません。
気になる症状がありましたら、早めに医療機関で診てもらいましょう。
ジーンライフより

 

えっ!

 

予防も対策もないの?

 

ダメじゃん俺!

 

結果的に、多発性骨髄腫のリスクを減らすことはできないわけで、あとは、早期発見を祈るのみってことのようです。

 

では、どのような症状に注意すればいいのか?

多発性骨髄腫の症状は?

 

@血球(赤血球、血小板、白血球)が減少し、貧血などの症状が起こる

 

A骨に障害が起こり、腰痛が起きたり、骨折しやすくなる

 

B腎臓の機能が悪くなり、むくみが出たり尿が減る

 

上記が多発性骨髄腫の3大症状のようです。

 

多発性骨髄腫事態は40歳より前になるということは非常に稀なんだそうで、40歳以降、定期検診などで血液データの確認や諸症状に注意を向けていくことが重要なようです。

多発性骨髄腫の治療は?

 

多発性骨髄腫の治療については、詳しくないので国立がんセンターなどのホームページで調べてみました。

 

その結果、65歳未満と65歳以上で治療方針が変わるようですね。

 

基本的に化学療法をするのには変わりないようですが、65歳未満だと自家造血幹細胞移植ってのをするようです。

 

自家造血幹細胞移植ってのは、あらかじめ自分の造血幹細胞を採取しておき、抗がん剤で骨髄腫細胞を死滅させた後に自分の造血幹細胞を移植するもののようですね。

 

ジーンライフの遺伝子検査の結果まとめ

 

今回の結果は、非常にびっくりしました。

 

遺伝子検査を受けてから1年たつのに結果を把握できていない自分って、、、って思ったことと、このジーンライフ、ジェネシス2.0って360項目もの遺伝子検査を行ってくれる凄さ。

 

これ、今後も一つ一つ調べていくと面白いかもって今更ながら思いましたし、今回のリスクはかなり高いのでその病気への意識を向けられてよかったのではないかと思っています。

 

コレ、がん告知?

 

なんて、一瞬感じましたが、あくまでリスクの話。

 

まだ病気じゃないんですよね。

 

注意するに越したことはないかなって思います。

 

ジーンライフジェネシス2.0を見てみる↓

 

私の受けた遺伝子検査↓

 

>>amazonでジーンライフを見てみる

 

 

>>楽天でジーンライフで見てみる

page top