ジーンライフ遺伝子検査でわかった俺は長生きする。

遺伝子検査でわかった、私の寿命もあと。。。やばい結果が?!

ジーンライフジェネシス2.0では、遺伝学上の寿命について知ることができます。

 

早速、私の寿命についての遺伝子検査結果を見ていきましょう!

 

 

遺伝子学的寿命の判定結果

 

長寿→やや長い傾向

 

あなたの判定結果
あなたは遺伝的にやや長寿傾向でした

 

 

更に、やや長い傾向の人の中でも3番目に長生きの可能性が高いという結果が上記のグラフで分かりますね。

 

遺伝子検査【寿命】結果説明

 

この項目は「長寿傾向」「やや長寿傾向」「標準」「やや長寿になりにくい傾向」の4段階で判定しています。
検査結果が長寿傾向の方ほど、実際に長寿の方と遺伝学的な特徴が似ており、長寿になる確率が高いと言えます。

 

寿命遺伝子項目概要

2014年の日本人の平均寿命は男性で80.50歳、女性は86.83歳と公表されました。日本人は世界的に見れば長寿の傾向にあると言えます。
長寿の方々の遺伝子を解析することで、長寿になりやすい遺伝的な特徴が見られるかどうかという研究が行われ、いくつかの遺伝的特徴が明らかにされました。

 

長生きの秘訣!予防と対策

遺伝子検査の結果が長寿傾向ではなかったとしても、実際に長寿の方も多数いらっしゃいます。それらの方に共通していることは、自分に合ったやり方で、無理なく、正しい生活習慣を継続しているという点です。常日頃からバランスの良い食事と適度な運動を心掛けましょう。

 

 

寿命に関するその他のデータとして、【テロメアの長さ】ってのがありました。
テロメアっていうのは、細胞分裂を繰り返せる回数の計りみたいなもので、細胞分裂するたびにテロメアの長さが短くなるらしいんです。つまり、自分があとどれくらい細胞分裂出来て自分の身体を良い状態に保てるかってことが分かるわけです。
つまり、このテロメアがなくなると、寿命も尽きるってわけなんですよ。まあ、テロメアがなくなるまでどれくらいの人が生きられるかは定かじゃないんですけどね。

 

 

遺伝し検査でわかったテロメアの長さ

あなたの判定結果
あなたの遺伝的なテロメアの長さは標準でした

 

 

テロメア遺伝子結果説明

この項目は「長い傾向」「やや長い傾向」「標準」「やや短い傾向」「短い傾向」の5段階で判定しています。
長い傾向と判定された方は、遺伝的にテロメアの長さが長い傾向の方です。
短い傾向と判定された方は、遺伝的にテロメアの長さが短い傾向の方です。

 

テロメアの項目概要

テロメアとは染色体の末端に存在するゲノムの保護構造のことであり、6塩基のDNA配列が何度も繰り返す構造になっています。この繰り返し配列の長さ(テロメアの長さ)は、DNAの複製が行われる度に短くなっていき、一定の長さ以下になると細胞分裂が停止してしまいます。つまり、テロメアは細胞分裂の回数を規定する回数券のようなもの、ということができるでしょう。そのため、テロメアの長さは寿命の指標の1つとして考えられています。

 

テロメアの長さに関する予防と対策

テロメアの長さは寿命の指標の1つとして考えられていますが、それ自体が人間の寿命を決める訳ではありません。
遺伝的にテロメアの長さが長い傾向の人も、短い傾向の人も、健康的に長く過ごすには、正しい生活習慣の継続が重要です。日ごろからバランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。

 

 

遺伝子で分かる寿命のまとめ

ジーンライフジェネシス2.0の遺伝子検査は、360項目以上の検査をしてもらえるわけですが、その中でも、【寿命】ってやっぱり気になります。
私の場合は、やや長い寿命って結果が出てますが、これはあくまで一般的な答えとなることは明らか。生活習慣を見直したり、ガンや脳卒中などのリスクも存在しており、そういった疾患を上手く予防回避してこそ本当の寿命を迎えることが出来るのだと思います。

 

寿命が長い傾向であることはわかりましたが、やはり健康に気を使い健康寿命を長くとれるよう工夫していくことが重要ですね。

 

でも、「長い傾向」といわれるとちょっとうれしいものですね。

 

→GeneLife GENESIS 2.0の購入はコチラ♪

page top