ジーンライフ 遺伝子検査 遺伝子とはなに?

遺伝子ってどんなもの?

遺伝子について知っているようでしらない場合もあるので当サイドでは簡単な説明をさせていただきますね。

 

遺伝子とは、からだの設計図である

 

遺伝子は、自分たちの身体を作り、変化させ、体を維持する設計図です。生命を維持するために働く「タンパク質」をつくるための情報が遺伝子に書き込まれています。

 

ヒトの細胞は、約60兆個からできているといわれています。
細胞の中にそれぞれ、46本の染色体があり、染色体自体は、DNAとヒストンタンパク質より構成されています。

 

 

遺伝子ってどんなもの?

 

遺伝子は、DNAという化学物質

 

遺伝子は、体の大きさや目の色など、生物の性質を決める“設計図”の働きをするもので、親から子へ遺伝する形で受け継がれるため「遺伝子」とよばれます。遺伝子の正体は、デオキシリボ核酸(DNA)という化学物質です。DNAは、糖とリン酸と塩基からできており、アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)の4種類が存在しています。通常、DNAは数珠状に連なって鎖状になっており、2本の鎖がペアとなりいわゆる二重らせん構造を作っています。生物の細胞の中で、DNAは核という構造の中に収められています。

 

遺伝子はタンパク質を作る

遺伝子の働きの秘密は、DNAの並び方にあります。A、T、G、Cの並び方に従って、作られるアミノ酸の種類が決まり、アミノ酸が順番につながって、タンパク質が作られます。遺伝子の主な仕事は、「タンパク質を作ること」と、いたってシンプルなのです。DNAの並び方が遺伝情報となって性質が決められる仕組みは、基本的にあらゆる生物に共通しています。

 

タンパク質の働きで生物のいろいろな性質が決まる

1つの細胞の中に、例えばイネなら4万もの遺伝子があります。それぞれの遺伝子の仕事は決まっていて、「病気に強くなる」「実をたくさんつける」など、いろいろな働きのタンパク質を作り出します。ただし、すべての遺伝子が勝手に作られるわけではありません。どの遺伝子が、いつ、どの細胞で、どれだけの量が作られるのかも、遺伝子によって決められています。

 

こうして、「病気に強くなる」タンパク質が作られれば、その生物は病気に強くなります。「実を沢山つける」というタンパク質が作られれば、実を沢山つけるようになります。どんな遺伝子を持っていて、どんなタンパク質がどのように作られるかによって、生物の性質は決まるのです。

 

→GeneLife GENESIS 2.0の購入はコチラ

page top